日本語 English
有限会社近藤園は住環境と緑の調和を社会に提供します。

ドイツに日本庭園を

そのオファーは突然やってきた!

入間市の姉妹都市のドイツ・ヴォルフラーツハウゼン市はもともと「オオカミの住む家」という意味で、その言葉が書物に出てから2003年が1000年目に当たります。
そのお祝いの気持ちを表すため、入間市国際交流協会がヴォ市に日本庭園を贈ることとなり、入間市国際交流協会から入間市造園組合に依頼があり、私と金子君(金子庭園)、吉田君(翠松園)の3人が選ばれました。

それにあたり、私が設計担当、吉田君が現場担当、金子君が工程担当というおおまかな割り振りで、事前に現地の写真と図面から設計を行いました。

2002年4月にまず現地へ調査へ行く事になりました。
吉川造園組合長のほか、金子君、吉田君、私、市役所から当時の大野自治文化課長が同行。
現地確認や周辺の環境把握、樹木の調達場所の確認、石材の調達の確認、自然保護団体との協議等を行いました。

ドイツの石材は日本庭園に普通使うような河川で転がされて自然に丸くなった石はなく、ダイナマイトで爆破したようなものしかないので、実際に作業をするとなるとこうした素材感や様々な要素に多少のギャップがありそうです。
そしてドイツでは自然保護団体が強く、何かを作るときには自然保護団体との協議が必要とのことでした。
どうやら簡単に物事は進まない様です。

プランを作成する段階で、こちらでほぼ徹夜で選んだ植栽リストはほとんど却下されてしまいます。
ここの土地がアルカリ性なので常緑樹があまり使えないのが理由でした。

ドイツ滞在の9日間

そんな経緯で20003年9月1日に現地入りし、およそ150坪の庭園を造園技師3名で9日間で作るというかなり無謀な工程が決定しました。
入間市役所から坂本氏が同行し、通訳も技師1人に1人ずつ付けていただきましたが、最終的にはみんな作業員に・・・。
その奮闘をご紹介します。

投稿が見つかりません。

フォトギャラリー

当時計画段階で作成したイメージスケッチと完成した庭園、その他当時の新聞記事などです。