日本語 English
有限会社近藤園は住環境と緑の調和を社会に提供します。

6日目

この日の朝、前回フランクフルト空港で案内してくれた三輪さんから電話が!
休みが取れたのでこちらに来るとの事でした。

そして、いつも通り8時に作業開始。
こちら4人、通訳3人+ルイージ。

初めに塔を立てるのですが、九層もあるので水平を出しながら慎重に積んでいきます。

一番下の層の上は最後には隠れてしまう部分なので、内緒でみんなで名前を書いて残していく事にしました。
ルイージは本当は休みであるはずなのに、休日出勤してくれました。
休暇を大切にするドイツ人にとっては異例のことだそうです。
ダンケ、ルイージ!
参加してくれる人みんながこの庭園を愛着を持って作ってくれている。本当に感謝です!

その後は整地を主にすすめます。
当初から作業が順調に進んでいない空気を察してなのか通訳の人も精力的に動いてくれるので助かります。
でもお陰でだんだん形が出来てくる!イチイを植えて植栽はとりあえず終わった!

昼食は魚。
こちらに来て初めて全部食べられました。
ホッケらしきもののバター焼きに、しょうゆをかけると日本で食べるそれにそっくり!うまい!!

海の近くにちりばめる石を選定し残りを搬出していくと、どんどんきれいになっていきます。
あちらでは吉田君と金子君で石橋を掛けています。かなり苦労してそうだ~。
こちらはユンボで大体の形を作り、通訳の人に整地してもらう。すみません。あなた達の仕事は通訳なのに・・・。
海の周りの土が少し足りなかったので、ルイージに持ってきてもらう。ルイージ、いい人だ!

夕方近くになって三輪さんが到着しました。
手伝ってくれるとのことなので、飛び石を据えるのをやってもらいます。
金曜日の午後なので人がたくさん見に来て、中に入ってくる人もいます。(手伝ってくれないかな・・・)

夕方になって、女性が日本茶を持ってきてくれました。
ご主人が日本人で、つい先日まで日本に帰っていたそうです。
日本語もたどたどしいが一通り話せるのでしばらく話していると、通訳の山本さんの奥さんだとのこと!
驚くとともに山本さんの心遣いに感謝です!

6時頃までやってこの日の作業は終了です。
夜は三輪さんとホテルのレストランで飲む。白ソーセージがうまい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。